2017/10/13

【税金】キャバ嬢や風俗嬢の住民税は?

#マイナンバー #副業ばれる #大阪西区 #確定申告 #税理士

キャバクラや風俗で働かれているキャストの方は、報酬などを受け取る際、所得税と復興特別所得税を給与から差し引かれて受け取っているので、所得税は支払っているのはお分かりかと思います。

一方で、住民税はどうなっているか不安な方も多いのではないでしょうか?

通常の流れでご説明すると、所得税の確定申告をすれば、その金額は市町村にも伝わります。そこで住民税と国民健康保険が計算され、本人に通知されるというしくみになります。

つまり、所得税の確定申告をしなければ、市町村は住民税の計算をすることができないことになります。

 

何かしらの形で所得税の確定申告をしていないことが税務署に把握され、税務調査があった場合には同時に住民税にも影響が及ぶことになります。

※詳細はまた別の機会でご説明させて頂きます。

 


 

副業としてキャバクラで働いている方、副業として風俗で働いている方、

確定申告をしていないから税務調査が不安な方、

マイナンバーが導入されて副業が会社にばれないか不安の方、

副業収入の確定申告の仕方がわからない方、

税理士をお探しなら、大阪西区を拠点に風俗やキャバクラの税金計算に強い弊社にお任せ下さい。

相談は無料です!

大阪から日本全国どこでもお任せ下さい。

 


 

事務所所在地

 大阪市西区立売堀1-4-12リーガル立売堀8F

連絡先

 TEL:06-6459-7639
FAX
:06-6459-7767

 


 

メールでのお問い合わせ
LINEでお問い合わせ